川口衞構造設計事務所

KAWAGUCHI & ENGINEERS

なみはやドーム(1995)

« BACK

・建設地 大阪府門真市大字三ツ島
・建築設計 (株)昭和設計
・構造の特徴 スペースフレーム(パンタドーム構法:非鉛直方向リフトアップ)

大阪なみはや国体のプールとして使用され,かつ,冬期にはスケートリンクとして,又,体育館としても利用可能な機能を備えている。建物は平面,断面ともに楕円形で,ドームの「赤道」が水平面に対して5°傾斜している。建物規模は、127×111mで,最高高さが42.7mである。 建設においては5°の勾配を持つ非鉛直方向のリフトアップに挑戦し,運動できるのは意図する方向のみであるというパンタドームの特性を活かしたエレクションを行った。28.7mの全揚程を1日(8時間半)でリフトアップした。大屋根構造の非鉛直方向リフトアップは世界に前例がなく、パンタドーム構法の特性を遺憾なく発揮した例ということができる。

国立代々木競技場 サンジョルディ・パレス なみはやドーム なら100年会館 ハティバ闘牛場 万国博覧会 お祭り広場大屋根 同 富士グループパビリオン 向ヶ丘遊園展示場 鬼石町多目的ホール
姶良総合運動公園体育館 日向市駅舎 JR高知駅 セラミックパークMINO イナコスの橋 永楽橋 ゲノムタワー 天津モニュメント 100mジャンボ鯉のぼり