川口衞構造設計事務所

KAWAGUCHI & ENGINEERS

日向(ひゅうが)市駅舎(2008)

« BACK

・建設地 宮崎県日向市
・建築設計 内藤廣建築設計事務所
・構造の特徴 木造-鉄骨ハイブリッド構造
・受賞 2008年 ブルネル賞
  2009年 BCS賞

日向市は宮崎県北部の耳川流域に展開する林業の中心地である。気象的には温暖な地域であるが,台風の通り道として知られている。日向市駅舎はスパン約17.2m、特急列車の全長110mを覆う,屋根面積約2000㎡の、日本では珍しい木造の全覆型の駅舎として計画された。最高高さは18.370mである。

強風時の上屋架構の水平剛性,強度の確保が主な課題となり、宮崎県産の杉材を用いた集成材と柱,方杖を構成する鋼構造とのハイブリッド架構を3mピッチに配置することとした。

国立代々木競技場 サンジョルディ・パレス なみはやドーム なら100年会館 ハティバ闘牛場 万国博覧会 お祭り広場大屋根 同 富士グループパビリオン 向ヶ丘遊園展示場 鬼石町多目的ホール
姶良総合運動公園体育館 日向市駅舎 JR高知駅 セラミックパークMINO イナコスの橋 永楽橋 ゲノムタワー 天津モニュメント 100mジャンボ鯉のぼり