川口衞構造設計事務所

KAWAGUCHI & ENGINEERS

セラミックパークMINO(2002)

« BACK

・建設地 岐阜県多治見市東町
・建築設計 (株)磯崎新アトリエ
・構造の特徴 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
・受賞 2003年 JSCA賞
  2005年 日本免震構造協会賞 作品賞

セラミックパークMINOは多治見市を中心に発展してきた伝統的窯業を世界に向けアピールする発信基地として,また先進的文化や技術を支援推進する県のオリベプロジェクトの一環として計画された。

常設展示室は,屋上広場を支える梁から文字通り吊り下げられており,約5mの長さをもつ吊り柱の上下をユニバーサルジョイントによる全方向ピン構造とすることで、通常周期の地震力をほとんど展示室に伝えないという,日本で初めての「並進振り子型」のアイソレータにオイルダンパーを組み込んだ免震構造システムを実現している。

国立代々木競技場 サンジョルディ・パレス なみはやドーム なら100年会館 ハティバ闘牛場 万国博覧会 お祭り広場大屋根 同 富士グループパビリオン 向ヶ丘遊園展示場 鬼石町多目的ホール
姶良総合運動公園体育館 日向市駅舎 JR高知駅 セラミックパークMINO イナコスの橋 永楽橋 ゲノムタワー 天津モニュメント 100mジャンボ鯉のぼり