川口衞構造設計事務所

KAWAGUCHI & ENGINEERS

ゲノムタワー(2002)

« BACK

・建設地 兵庫県播磨科学公園都市
・建築設計 川口衞
・構造の特徴 2重らせんを構造に活用

兵庫県西部に新しく誕生したサイエンス・シティー、「播磨科学公園都市」のための防災行政無線鉄塔(アンテナ高さ25m)で、西播磨県民局庁舎に隣接して建設された。播磨科学公園都市はスプリング・エイト(SPring-8)という名の大型放射光施設を有し、医療、生命科学、物質科学の分野で成果を挙げている。タイミング的にも2000年にヒトゲノムの全容が解明された直後であったので、ゲノムまたはDNAをテーマにした構造システムを提案したいと思った。 DNAは2本のポリヌクレオチドで構成される2重らせん構造を持つ。これに近いシステムをこの鉄塔の構造に用いたいと思ったが、2重らせんはそのままではバネに過ぎないので、構造システムにはならない。しかし、これに補助的なテンション部材を付加してやると、有効なせん断部材として機能することが分かったので、常時荷重と曲げに対応する鉛直部材(中央部鋼管と周辺部ケーブル)と組み合わせて、全体の構造システムを構築することにした。

国立代々木競技場 サンジョルディ・パレス なみはやドーム なら100年会館 ハティバ闘牛場 万国博覧会 お祭り広場大屋根 同 富士グループパビリオン 向ヶ丘遊園展示場 鬼石町多目的ホール
姶良総合運動公園体育館 日向市駅舎 JR高知駅 セラミックパークMINO イナコスの橋 永楽橋 ゲノムタワー 天津モニュメント 100mジャンボ鯉のぼり