川口衞構造設計事務所

KAWAGUCHI & ENGINEERS

ハティバ闘牛場(2008)

« BACK

・建設地 Xativa, Spain
・建築設計 cmd Ingenieros社
・構造の特徴 鉄骨ラチストラス(自昇式パンタドーム構法)

スペイン、ヴァレンシア州のハティバ闘牛場は,1917年スペインのモダニスト建築家、デミトリオ・リベスによって設計されたが,竣工後90年を経て老化が認められるようになったため,拡張・改修工事をすることとなった。今回の工事の内容は,原設計の雰囲気を保ちながら、観客席を拡張し,原設計にはなかった屋根を架けることであった。屋根の直径は101.6mで,直径86.2mの観客席の外周に沿って配置される44本の柱で支持される。屋根の主構造システムは車輪型で、直径42mの内部トラスリングを設け、上部リングは圧縮力、下部リングは引っ張り力を負担する。

本施設の設計・施工には新しく開発した、リフトアップに仮設支柱を全く用いない「自昇式パンタドーム構法」を適用した。

国立代々木競技場 サンジョルディ・パレス なみはやドーム なら100年会館 ハティバ闘牛場 万国博覧会 お祭り広場大屋根 同 富士グループパビリオン 向ヶ丘遊園展示場 鬼石町多目的ホール
姶良総合運動公園体育館 日向市駅舎 JR高知駅 セラミックパークMINO イナコスの橋 永楽橋 ゲノムタワー 天津モニュメント 100mジャンボ鯉のぼり